強化フィルム製品の分類及び特徴紹介

1年前掲載

钢化膜-1.jpg

2.5 D透明強化フィルム

 最も一般的でシンプルなタイプの強化フィルムで、超薄型、高透過性特徴です。

 画面に曲面の無いフラットな液晶の機種に適しています。

(画面上に大きな弧の縁があるモデルで使用すると、このフィルムでは縁が浮く可能性があります)


2.5 Dフルスクリーンシルクスクリーン強化フィルム

 2.5 Dの透明フィルムをベースに周囲にシルクスクリーンフレーム追加し、ガラス端部の浮遊を減らし、たいへん美観の良いフィルムです。


3D強化フィルム

 2.5D強化フィルムとは異なりガラスを熱で立体的にわん曲させ形成されたフィルムで本体の液晶に曲面を持つモデルに適しています。


カーボンファイバーソフトエッジ強化フィルム

 2.5D強化フィルムにカーボンファイバーで周囲を保護しフィルム透明フィルムやフルスクリーンシルクスクリーンフィルムと比較して、端部が折れる危険性が少なくなりますが、ガラスフィルムで液晶を全体的に覆えていないという欠点があります。


飛散防止フィルム

 通常の強化ガラスフィルムに対し、このタイプのフィルムは枠のみに接着剤を使用しており、中央部分にはABグルーを使っておりません。

危険なガラス片の飛散を防ぎという大きな特徴があり主に画面の公差問題を解決するために作られたフィルムです。


反射防止ガラスフィルム

 通常の透明フィルムの表面を特殊研磨し、ガラスタッチの滑らかさを増しつつ光の反射を減らたフィルムです。


アンチブルーライトフィルム

 AB接着剤にアンチブルーライトコーティングを追加したフィルムでブルーライトのダメージを軽減したフィルムです。


覗き見防止フィルム

 情報き防止AB接着剤にアンチピープフィルム層と呼ばれる層を追加したフィルムです。