強化フィルムの問題要因及び解決方法

1年前掲載

画面の端の浮き上がり

要因

 接着剤が酸化し接着力が落ちている可能性があります。

解決策

 画面の端部のフィルムが浮き上がってしまう場合

    端末のスクリーンのサイズ内であれば、厚いガラスフィルム/フルスクリーンシルクスクリーンで対応可能です。

 わん曲した部分までフィルムを貼りたい場合

 3Dフィルムを使うことで解決出来ます。


ガラスが綺麗に剥がれない

要因

 接着剤の不良やガラスの変形が考えられます。


気泡の混入 

要因

 フィルムが貼られる前にスクリーンにほこりが多く残っている、または接着剤が隆起しているため発生します。

解決策

 浴室や比較的ほこりの少ない環境でフィルムを貼ることで、気泡の混入を大幅に減らすことができます。


ヒビが入る

要因

  生産工程でのガラスフィルムの切断時、もしくはその他の過程で強い衝撃や圧力がけられると、ビビ割れの原因となります。

解決策

  従来のガラスフィルムを高アルミナガラスに取り替えると、ヒビ割れのリスクを大幅に減らすことができます。